アンテナは専門家に任せよう|内容を細かく分析

テレビアンテナの種類

形状や受信状況を確認

TV

テレビアンテナにはVHFとUHFの2種類があり、かつてのアナログ放送の視聴には、主にVHFアンテナが使われていました。
ところが地デジ放送の視聴には、UHFアンテナが必要となります。
そのためアナログ放送が廃止された現在では、多くの人がUHFに変更するという地デジアンテナ工事を業者に依頼しています。
ところがVHFアンテナには、UHFアンテナと一体化しているものもあります。
これが設置されている場合には、地デジアンテナ工事を行うことなく、地デジ放送を受信できます。
したがって地デジアンテナ工事の依頼前には、まずは現在のテレビアンテナのタイプを確認することが肝心と言えます。
UHFアンテナがついているかどうかは、形状を見れば確認できます。
具体的には、長い棒に同じ長さの短い棒が多数交差している場合には、UHFアンテナがついていると言えます。
そして、長さが不揃いの棒が数本交差している場合は、VHFアンテナのみと言えるのです。
ただしUHFアンテナがついていても、電波の発信源から遠く離れている場合、あるいは建物や山に囲まれていて電波が届きにくい場合には、地デジ放送をうまく受信できません。
視聴中に、突然映像が乱れたり、音声が途切れたりすることがあるのです。
この場合は、感度の高いUHFアンテナに交換したり、ブースターを追加で設置したりといった地デジアンテナ工事が必要となります。
これにより電波の受信が安定すれば、地デジ放送を一層楽しむことができるようになるのです。

プランを明確にしましょう

TV

テレビアンテナの設置を考えることは新居への引っ越しや家族構成に変化があったときなどに限られていて、普段から意識しているような類いのものではありません。
ですから地デジアンテナ工事もどんなものかイメージが湧きにくいものですが、単純そうに見えて意外と検討しなければならないことがあります。
 まず地デジアンテナ工事ですぐに思い浮かべるのは魚の骨の形をしたアンテナですが、現在ではそれ以外にも家の壁面に取付ける一見アンテナには見えないタイプも存在しています。
電波の受信方向との兼ね合いがあり値段も少し割高になりますが、外見がスッキリしていて取付けに屋根に登る必要はありません。
さらに電波が弱い場合にはブースターを、複数の部屋での視聴を望むなら分配器の設置をそれぞれ行なわなければなりません。
さらにCS放送やBS放送を視聴するには、別のパラボラアンテナの取付けもしなければならないのです。
 こうして見ると地デジアンテナ工事には、それなりのプロセスを踏んで決断をしなければならないことが多いのが分かります。
当然工事は一度に行なってしまったほうが時間的にも金銭的にも楽になるので、どのような視聴環境を望んでいるのかプランを明確にしておくことが大事になります。
また子どもがいるのならその成長も考慮に入れて、あらかじめ余裕のある工事をしておくことも良いかもしれません。
 どのような工事が一番良いのか地デジアンテナ工事を行なう業者とよく話し合ってみると、上手く行くのではないでしょうか。

10万円近くかかることも

TV

地デジアンテナ工事の費用は、地域の電波の受信レベルによって大きく異なってきます。
というのも地デジアンテナは一般的に、感度が高いものほど価格も高めとなっているからです。
地域の受信レベルが高ければ、比較的安価な地デジアンテナでも十分に地デジ放送を視聴できますが、受信レベルが低ければ、高性能な地デジアンテナが必要となります。
しかもより受信しやすいようにと、屋根の上に設置されることがほとんどです。
その分、地デジアンテナ工事の費用も高くなるわけです。
具体的には、受信レベルが高い地域では、地デジアンテナ工事費は2〜3万円ほどで済みます。
中には室内用の小型アンテナでも受信できるという地域もあり、この場合は自力で設置できるので、工事費自体が発生しません。
費用負担は、アンテナ本体の購入費の5千円程度で済むのです。
しかし受信レベルが低い地域では、地デジアンテナ本体と工事費とを含めて、約4〜5万円の費用がかかります。
それでも電波を受信しにくいこともあり、この場合は2万円ほどの追加費用を支払って、ブースターも設置することになります。
また、リビングと子供部屋といった具合で複数の部屋にテレビを設置する場合は、受信した電波を分配するための装置が必要となります。
分配する数にもよるのですが、設置費用の相場は約1万円です。
このように地デジアンテナ工事には、環境や要望によってはトータルで10万円近い費用がかかるのです。
もちろんその分、質の良い映像と音声とを堪能できるようになるので、地デジアンテナ工事には高い需要があります。