アンテナは専門家に任せよう|内容を細かく分析

テレビアンテナを取付ける

工事の内容

アンテナ

放送局が発信している電波エリアであればテレビアンテナを取り付けることでテレビを受信することができます。
テレビアンテナを使ってテレビを受信するメリットとしてはNHKの受信料を除けば費用が発生しないことです。
このため工事費用は掛かりますが、ランニングコストがケーブルテレビなどを利用するよりも安価で済みます。
テレビアンテナ工事といっても、その内容はいくつかに分かれます。
基本的にはテレビアンテナ工事といえばアンテナを電波の受信しやすい場所に取り付けるというものです。
場所としては屋根や屋上、ベランダなどに取り付けることになります。
費用としてはアンテナ代が4000円から1万円程度です。
また屋根の上などに取り付けるための金具は5000円前後しますから、部品代だけで9000円から1万5000円といったところです。
なお、地デジと衛星放送はアンテナの種類が違うのでアンテナ代が別に掛かります。
一方でテレビアンテナ工事ではアンテナだけ取り付ければ終了というものではなくそこから配線工事をしなければなりません。
すでに屋内にテレビ配線がなされている場合には、その取り込み口に接続するだけで良いので数千円ほどで行なえますが、屋内配線となると壁に穴を空けたり天井にケーブルを這わせるといったことが必要で、部品代だけで1万円程度は必要になります。
このためケーブルを引き込むといった作業をするとテレビアンテナ工事の部品代だけで3万円程度は必要です。
さらにこれにプラスして人件費が必要で、テレビアンテナ工事を行ってもらう場合には3万円から10万円が相場です。

使用タイプを選べます

アンテナ

テレビ放送を視聴するには、家に地デジ放送・衛星放送用の受信アンテナを設置するか、さもなければケーブルテレビの視聴契約を結ぶことが必要になります。
もしアンテナの設置工事をするなら、電気店またはテレビアンテナ工事の専門店に依頼するのが確実です。
電器量販店やホームセンターでアンテナを購入して自分で取り付けることもできますが、屋根などでの高所作業は危険を伴いますし、最適の受信状態にするには設置時に指向方向などを調整する必要があります。
テレビアンテナ工事の経験、技術および専用の器材を有する業者に取り付けてもらえば、外観上も機能上も安心です。
なかには工事に数年間の保証を付けているところもあります。
室外用としては、最も普及している標準型のUHFアンテナ以外にも、壁面やベランダに取り付ける長方形薄型のデザインアンテナや、屋根裏に設置するタイプなどがあります。
アンテナの種類によってその外観や適する電波状況が異なり、価格も様々ですから、自分の希望と設置場所の状況を勘案し、業者のアドバイスも受けながら選ぶといいでしょう。
電波発信局または中継局から離れていたり、地形や周辺の建物の影響を受けたりして電波状況が悪い場合には、テレビアンテナ工事に合わせてブースターを設置しましょう。
そして受信波を増幅することで、ほとんど問題なく番組が見られます。
屋内のアンテナ配線の状況にもよりますが、テレビアンテナ工事そのものは1時間程度とそれほど時間はかかりません。
まずは工事を請け負っている会社に見積もりを依頼しましょう。

プロの業者に任せる

アンテナ

テレビ本体を用意すれば誰でも簡単にテレビ番組を見られると思っている人もいますが、地デジに移行した現在ではテレビを購入して電源を入れるだけではテレビ番組を見ることは出来ません。
地デジを見るためにはテレビアンテナ工事をする必要があるのです。
屋根など屋外に地デジ用のアンテナを設置するテレビアンテナ工事をすることで、テレビ番組を楽しむことが出来るようになるのです。
テレビアンテナ工事は自分でも行うことは出来ますが、高い場所での作業は不慣れな人にとっては危険も大きいために專門の業者に依頼するのが一般的です。
そこで多くの人が気になるのはテレビアンテナ工事するにあたってどのような業者を選べば良いのかということです。
間違った業者選びをしてしまうと相場よりも高い費用がかかってしまったり、適当な工事をされて後でトラブルに発展してしまう場合もあります。
テレビアンテナ工事を業者に依頼する場合には、一般的には5万円程度の費用が必要とされています。
工事の種類によってはそれ以上の費用がかかってしまうこともありますが、5万円程度の費用であれば普通の業者であると言えます。
安ければ安いほど良いと思われがちですが、安いのにはそれなりの理由もあるので後で後悔しないためには相場を大きく外れない業者を選ぶのが安心です。
より確実に業者選びで失敗しないためには複数の業者に見積もりを依頼し、工事内容と費用が適正であるかどうかを比較することも大切です。